子宮内膜症というのは、本来子宮内にあるべき内膜組織が何らかの原因で子宮内膜層以外の場所で発生する疾患です。
子宮の外側や卵巣、卵管、腹膜などで増殖したり剥がれたりを繰り返します。
その内、卵巣内に子宮内膜と類似した組織が月経周期に合わせて出血を繰り返し、
逃げ場のない血液がチョコレート状に袋となって存在するものをチョコレート嚢胞といいます。

そしてそれらが、激しい月経痛や腰痛、下腹部痛、性交痛、排便痛、月経過多を起こしたり、
進行すると、卵管や卵巣内の癒着を起こし不妊症の原因にもなっていきます。

このようなお客様には、炎症を抑えて滞っている血の流れを改善し、おひとりおひとりに対応した身体のバランスを整える漢方
をお飲み頂きながら、食事や生活の養生法をお伝え致しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA